娘のこと。

わたしの5歳になる娘は、アトピー性皮膚炎です。

振り返って、

自分が妊婦のときや、離乳食、なにか悪かったんじゃないかとか、

結構長いこと、自分のせい、と思う気持ちがどこかにあり続けて、

だからかと思うのですが、

お医者さんにお母さんダメでしょ、って、怒られたり、

説教をされることも多かったです。

 

方々のお医者さんにかかりましたし、

ステロイドの服用や塗布を一定の期間したこともあります。

(やめたときのリバウンドといわれる湿疹は、すごかったです。。)

保湿のクリーム、オイル、とりよせをしてみたり。

こまめにシャワーをする、

サプリや、食事、栄養のこと、お水や、空気や、、

いろいろ実践し。

でも、こだわっても、こだわっても、終わりがないんですね。

湿疹は、よくなってきたかと思っても、

また痒くなったり、さらに広がったり。

 

日々の生活。

小さな子供のこと。

理想だと思う食事や環境を家庭でつくっても、

子供も、あれだめ、これダメ、もストレスになり、かゆくなっちゃう。

それはわたしも同じ。完璧目指すと疲れちゃいます。

娘が、友だちのお家でいただくおやつや、

クリスマスやハロウィン、今の季節だとお祭りの駄菓子や軽食、たまの外食。。

あとで、赤くなっても、痒くなっても、、

娘が、そして、わたしも、楽しむこともとっても大切。

イヌアレルギーですが、犬を飼っていたりします。

今日は、痒くなるだろうな、とは思いましたが、

犬をゲージから出して、

娘も、一緒に思い切り遊びました。

あとで、娘が、

「かゆくなっても、○○のこと、大好きだよ。」って

犬に言ってました。。

 

たまの外食での、娘が大好きなピザ。

すっごく幸せそうなんですよね♪

この前のお祭りの駄菓子

すごく大事に、おいしそうに食べてて 笑

今は、ちょっと広がっていて、四肢関節だけでなく、顔にも湿疹があります。

 

治ってほしい、よくなってほしい。

という思いも、もちろん、ありますが、

ネクストクリニック、ネクストステージに通わせていただくことで、

感じられるようになってきたこと。

 

治ることだけにこだわるのではなく、

(症状を抑えるだけの薬には頼らず、)

できることや、気をつけることはやりつつも、

娘が、そしてわたしも、

楽しい、うれしい。幸せ。と思えること、

今を、

大切にしたいな。

ということ。

 

母であるわたしの、気づかぬうちに、小さく、かたく固まった心も、

通わせていただきながら、その都度、最大限に、ほぐしてもらってきました。

 

金先生は、

決して決め付けず、

しっかりと耳を傾け、

その上で、お話、提案をしてくださいます。

今は、ネクストオゾンオイルを自宅で続けています。

 

それから、一昨日、娘が受けさせていただいた

臨床気療法士の今井先生のトリートメント後。

娘の立ち振る舞いが変わっています。

優しい面をたくさん見せてくれています。

いらないものを沢山、デトックスしてもらったから、

そして、

大切に、大切に、していただいたから、

心にもゆとりができたんだろうなぁ。と思います。

翌日、一番かゆい、膝の裏の赤くはれた湿疹部分が、

全体的に、白くなっていました。

親子で、すごいねーって、よろこびました。

 

 

ネクストクリニックのHPに、今日アップされた

金先生の「治療方針について」にある、最後のお言葉。

「 病名に縛られることなく、
近代医学と東洋医学の双方のメリットを生かしながら、
クライアント様御自身が「どう生きたいか」を決め、
最善の道を進まれますよう、
すべての過程に寄り添い、サポートしてゆきたいと願っています。」

 

このようなクリニックに、親子で通わせていただいて、感謝です。