臨機応変

以前、こちらの記事にも書かせていただきましたが、

金先生に、娘の給食のことで、相談させていただきました。

娘はアトピー気味で、外食をしたときや、スーパーの惣菜、アイス。。

いろいろ相性がよくないな、と思う出来事も以前あり、

でも、特定の食材ですぐに症状が出るわけでもなく、、

(夜間、寝ながら、すごい掻いたり。。)

入学後の給食については、例えば食物アレルギーで

牛乳が飲めないとすると、乳製品全て

1日おきのパンや、乳製品をつかったおかずも、

自宅から持ってこくことになり。

実際、やってみないとわからない、

けれど、書類の準備や面談もあって、ナーバスになっていました。

 

金先生は、娘の症状や性格を把握してくださった上で、

娘にとって、「《みんなと違う》ということが、ストレスになって

そっちのほうがどうかな・・と。

まずは、4、5月除去せず、経過観察としましょう。」

と提案してくださいました。

そんな方法が・・!!

娘は、それを伝えると、満面の笑みで、嬉しそうでした。

みんなと同じで、牛乳も、他の給食も食べたいといっていたので。

 

そして、入学前に、

教頭先生、栄養士の先生、保健の先生、

入学後に、

新しい教頭先生、栄養士の先生、新しい保健の先生、担任の先生で

面談もしていただいて、

学校の先生方も了承してくださって、

給食がスタートしました。

 

最初は、給食が、「気持ち悪くなって食べられない。。」と

言っていたときもありましたが、

この頃は、

「運動会の練習で、食べる時間が10分しかなかったけど、

全部食べたよ!」

と、完食している日も。

朝は学校行くのが嫌で、泣くこともあるし、お腹痛い、と言ったりもしますが、

たくましく育っている。。!

 

牛乳自体は、私の頃のように、

飲めるまで昼休憩なし!みたいなことはないようで、

残しても大丈夫。

連日の、校庭での運動会練習もあるからか、

かゆみが増しているこの頃は

控えます。と連絡帳に書く形でも対応していただいていて。

 

入学前に、書類提出を、面談を、と言われたときには、

ものすごく緊張し、まだわからないのに、言い切れないのに、

除去しなきゃいけないの?でも、娘にとって、それでいいの?

と悩んでいましたが、

金先生の柔軟なご対応で、わたし自身、とても心強く、

安心の中で、物事を進めることができました。

症状だけではなくて、その人自身をみてくださる

ネクストクリニックだからこそ、だと思います。

これからも、臨機応変に。。

母であるわたしが、心配や以前の出来事で、決め付けないように。。

やわらかく、しなやかに。。見守っていきたいと思います。

金先生、ネクストクリニック、ネストステージの先生、スタッフのみなさま

心より、感謝申し上げます。。♪